【2020年】メキシコペソ円のスワップポイントを比較!【おすすめのFX会社選び】

メキシコペソは2020年1月時点で政策金利が7.25%もある高金利通貨なので、スワップポイントの高さが魅力的な通貨ペアです。

低金利の日本円との組み合わせで、「メキシコペソ/円」なら、1日あたり13~14円程のスワップポイントを受取る事ができます。
※1万通貨あたり
※条件の良いFX会社の場合

5円~6円程の為替レートなので、必要証拠金が少なくて済む点もメリットになります。
初心者でも、お小遣い程度からでも始められる通貨ペアです。

また、為替レートがトルコリラ円などの他の高金利通貨ペアと比べると安定している点もスワップ運用に向いていると言えます。
長期的な投資になるからこそ、為替差損益にも意識は向けておきたい所。

FX会社選びについても、スワップ運用系の場合はデイトレなどの短期売買以上に、きちんと比較して選んだ方が良いです。
スワップポイントはFX会社間の差がとても大きいので。

同じメキシコペソ円という通貨ペアでも、受け取れるスワップポイントにかなり開きがあります。
また、半年前や1年前と「メキシコペソ円のスワップポイントが高いFX会社」がガラッと入れ替わっている事もあるので、その点も注意しながらスワップ運用を始めてみて下さい。

前半は一般的な金利の通貨ペア(豪ドル円)と比べてどれほどメキシコペソ円がたくさんスワップポイントを貰えるかについて解説しています。
不要な方は後半部分のスワップポイントランキングからご覧ください。

メキシコペソ円は10万通貨単位で見る【別通貨ペアを1万通貨で取引している場合】

メキシコペソ円の為替レートは、「5円〜6円前後で推移」しており、豪ドル円の10分の1以下の水準です。
※豪ドル円は70円〜80円台で推移

メキシコペソ円の月足チャート 豪ドル円の月足チャート

普段、米ドル円や豪ドル円を1万通貨単位で見ていませんか?

その場合、メキシコペソ円を取引する時やスワップポイントを比較する時には、10万通貨単位で見た方が感覚的に分かりやすいです。
必要証拠金の金額を近づけた上で比較した方が、スワップポイントの高い、低いが一目瞭然です。

一度、一般的な通貨ペアである豪ドル円と高金利通貨ペアであるメキシコペソ円を比べてみます。

メキシコペソ円のスワップポイントは1日140円【10万通貨で】

メキシコペソ円のスワップポイントは、スワップポイントが優遇されているFX会社だと1日あたり130~140円前後受取る事が出来ます。
※10万通貨あたり

メキシコペソ比較表スプレッドスワップポイントスワップポイント|週取引単位
GMOクリック証券0.3銭
※原則固定例外あり
5円35円1万通貨単位
YJFX!
※2020年3月取扱開始
0.4銭
※原則固定例外あり
7円49円1万通貨単位
※米ドル円等は1000通貨
外為どっとコム0.3銭→
0.2銭※9/1まで
※原則固定例外あり
7円49円1000通貨単位
LIGHTFX0.3銭
※原則固定例外あり
7.1円49.7円1000通貨単位
みんなのFX0.3銭
※原則固定例外あり
6円42円1000通貨単位
セントラル短資FX0.2銭
※原則固定例外あり
7円49円1000通貨単位
ヒロセ通商0.3銭
※原則固定例外あり
6円45円1000通貨単位
FXプライムbyGMO0.9銭
※原則固定例外あり
7円49円1000通貨単位
※スワップポイントは2020年6月19日時点の1万通貨あたりの数値。また、各国の金利情勢により、日々変動致します。受取額の減少・支払いへと転ずる可能性があります。
※スワップポイント|週は、月~金の1週間(2020年6月15日~6月19日)を合計。

これは他の通貨ペアと比較しても非常に高く、スワップ運用に向いている通貨ペアと言えます。
さすが政策金利7.25%なだけあります。

一方で、例えば、豪ドル円であれば、1日20円前後です。
※1万通貨あたり

メキシコペソ円と豪ドル円のスワップポイントを比較した結果

一昔前のスワップ運用と言えば、豪ドル円やNZドル円等のオセアニア通貨が人気でしたが、今ではすっかり金利が低くなってしまいました。

オーストラリアの政策金利は2020年2月時点で「0.75%」です。
メキシコの政策金利は「7.25%」です。

そして、日本円は「-0.10%」です。
マイナス金利・・・。

スワップ運用を考える上で参考になればと、メキシコペソ円と豪ドル円の受け取れるスワップポイントと必要証拠金を比較してみました。
※似たような金利水準だとNZドル(1.00%)、ポンド(0.75%)があります。米ドルは少し高く(1.75%)、ユーロは低い(0.00%)です。

メキシコペソ【1日140円】

5.8円×10万通貨=58万円
必要証拠金 23,200円

受け取れるスワップポイント「1日140円」
参考:FXプライムbyGMOの2020年2月5日のメキシコペソ円スワップポイント

豪ドル円【1日18円】

73円×1万通貨=73万円
必要証拠金 29,200円

受け取れるスワップポイント「1日18円」
参考:DMMFXの2020年2月5日の豪ドル円スワップポイント
※DMMFXはメキシコペソ円の取扱なし

同じ必要証拠金2万円代なら政策金利の高いメキシコペソはやはり熱い!

今回、同じくらいの軍資金でどの程度スワップポイントが変わるのか?を比べてみました。

結果、政策金利7.25%のメキシコペソ円と0.75%の豪ドル円では、1日あたり140円対18円と8倍くらいの差が開きました。
これが高金利通貨の魅力だなーと改めて思いました。

これでもまだメキシコペソ円の方が2〜3割必要証拠金が少ないので、実際にはもう少し開きが出ることになります。
※政策金利の差に近づきますね

それくらい高金利通貨ペアを保有すると、毎日のスワップポイントが高いですし、1ヶ月、1年間という長いスパンで見ると、その金額は更に大きな違いとなって現れてきます。

そんな高金利通貨ペアのメキシコペソ円を「今」投資するなら、どのFX会社を利用すべきか?
純粋にスワップポイントの高さで比較しました!

メキシコペソ円のスワップポイントが高いFX業者【ランキング】

メキシコペソ比較表スプレッドスワップポイントスワップポイント|週取引単位
GMOクリック証券0.3銭
※原則固定例外あり
5円35円1万通貨単位
YJFX!
※2020年3月取扱開始
0.4銭
※原則固定例外あり
7円49円1万通貨単位
※米ドル円等は1000通貨
外為どっとコム0.3銭→
0.2銭※9/1まで
※原則固定例外あり
7円49円1000通貨単位
LIGHTFX0.3銭
※原則固定例外あり
7.1円49.7円1000通貨単位
みんなのFX0.3銭
※原則固定例外あり
6円42円1000通貨単位
セントラル短資FX0.2銭
※原則固定例外あり
7円49円1000通貨単位
ヒロセ通商0.3銭
※原則固定例外あり
6円45円1000通貨単位
FXプライムbyGMO0.9銭
※原則固定例外あり
7円49円1000通貨単位
※スワップポイントは2020年6月19日時点の1万通貨あたりの数値。また、各国の金利情勢により、日々変動致します。受取額の減少・支払いへと転ずる可能性があります。
※スワップポイント|週は、月~金の1週間(2020年6月15日~6月19日)を合計。

スワップポイントは1日単位だと業者間で付与日にズレが発生している事があります。
また、「1日だけスワップポイントが高い」ようなケースもあります。
ですので、1週間などゴッソリまとめて比べた方がハッキリと良いFX会社、そうでないFX会社分かります。
※上記比較表のスワップポイント2に注目して下さい。1週間分のスワップポイントになっています。

FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMO メキシコペソ円

FXプライムbyGMOは、メキシコペソ円に力を入れているFX業者です。
「短期的なキャンペーン適用ではなく、通常時のスワップポイントが高い」です。

毎月開催されている高級カタログギフトキャンペーンなどもあり、日々のスワップポイント同様に楽しみ・目標を持ちながらFX取引が出来る業者です。

スプレッドは広めですが、スワップ運用という手法なら取引回数は少ないので気にせず、純粋にスワップポイントの高さでFX会社を選べばOKです。

メキシコペソ円の取引ではFXプライムbyGMOが1番おすすめです!

セントラル短資FX

セントラル短資FXは、スワップポイントでわずかに及びませんが、メキシコペソ円の取引条件が良いFX会社です。
スプレッドの狭さでは、FXプライムbyGMOよりも良いです。
※今回比較した結果スプレッドは1番狭い

また、他の通貨ペアに関してもスプレッドが狭いFX業者になるので、メキシコペソ円のスワップ運用”以外にも”デイトレードなどで使えるFX口座です。

※スワップポイントやスプレッド等の取引条件が改善されたので最近人気あります!

ヒロセ通商

ヒロセ通商はメキシコペソ円のスワップポイントが”そこそこ”高いFX会社です。
弱点としては、「水曜日のスワップ3倍デー」で貰えるスワップポイントが他社より低い事が多いです。
結果として、1日単位ではスワップポイントが高いが、集計すると低くなってしまいます。

スプレッドも比較的狭く、「あと少し条件が良くなれば」と思うFX会社です。
※ただキャンペーンは盛り沢山でそれ系が好きなら良いかも。

みんなのFX【トレイダーズ証券】

みんなのFX=スワップ運用のイメージもあったのですが、メキシコペソ円の条件はそれほど良くありません。
トルコリラ円ではトップクラスにスワップポイントが高いんですけどね。
ただ、スワップポイントが高い&スプレッドが狭い&1000通貨単位のFX会社では必ずと言って名前が出てくるFX会社なので、メイン口座として使えるFX会社です。
メキシコペソ円に関してはひとまず今は弱いです。

LIGHTFX【トレイダーズ証券】

LIGHTFXは、みんなのFX同様にトレイダーズ証券が運営しています。
メキシコペソ円のスワップポイントは、同様に現在低いです。

ただ、南アフリカランド円のスワップポイントに関してはトップクラスなので、「スワップ運用」に興味があり、「メキシコペソ円以外の通貨ペアも探している」のであれば、一度LIGHTFXについてもチェックしてみる価値はありますよ。
南アフリカランド円のスワップポイントが良いのはLIGHTFXで、みんなのFXは少し下がります。興味ある場合はLIGHTFXがおすすめ。

GMOクリック証券

GMOクリック証券のメキシコペソ円のスワップポイントは条件が悪いです。
FX取引高8年連続国内1位の超実力会社ですが、メキシコペソにはあまり力を入れていない様子。
※ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2019年12月
株式売買なども出来るのでメイン口座として持っておくべき業者なのは間違いないですがスワップ運用には使わなくて良いと思う。

「普通にデイトレなどFX取引をしたい!」
場合には、GMOクリック証券は非常に推せるFX会社です。
(その実績・人気が証明してくれている。アプリも使いやすい!)

メキシコペソ円とトルコリラ円はどっちが良い?【スワップ運用】

メキシコペソ円の為替レートは、現在「5.80円」前後です。
※政策金利は7.25%

トルコリラ円の為替レートは、現在「18.20円」前後です。
※政策金利は11.25%

メキシコペソ円の月足チャート トルコリラ円の月足チャート

ですので、為替レートの水準で比較するとトルコリラ円とは大体3倍の開きがあります。
メキシコペソ円はその分、必要証拠金が少なくて済み、より少額資金から購入出来るメリットありです。

比較してみても、一長一短ではありますが、トルコリラの方が政策金利は高いです。
ただ、「政策金利の変動がトルコリラは大きいデメリット」があります。
安定してくれれば計算が立てやすいですが、半年の間に金利が24%から12%まで落ちるなど、トルコリラは色々と激しいです。
※2019年6月(24%)→12月(12%)

メキシコペソも利下げの傾向にはあるものの、2019年1月と2020年1月の政策金利を比較しても、8.25%→7.25%と安定しています。

為替レートについては、直近では、両方の通貨ペアともに、横ばいでレンジ相場なので、コツコツとスワップポイントを貯めるにはやりやすい相場状況にはありますね。

下にレンジブレイクして安値を更新したら損切りと覚悟を決めつつ、スワップ運用を始めるのは良いのかもしれません。

【2020年】トルコリラ円のスワップポイントの高さを比較【おすすめのFX会社は?】
※トルコリラ円のスワップ運用に興味をお持ちの方はこちらもどうぞ

メキシコペソ円をショートしたくなったら【空売り/スワップポイント低い業者】

メキシコペソ円の短期的な急落・暴落に賭けてショートをしたくなった場合には、逆にスワップポイントが低いFX会社を選ぶのがおすすめです。
また、通常買いスワップと売りスワップポイントには大きな開きがありますが、同額に設定されているFX会社もありますので、そういう業者を選ぶのも良いです。
例1:買い「11円」、売り「-14円」→買い「11円」、売り「-11円」
例2:みんなのFXLIGHTFX