【2020年】トルコリラ円のスワップポイントの高さを比較【おすすめのFX会社は?】

トルコリラと言えば、高金利通貨の代表格のような存在であり、一方で、2018年に暴落相場を引き起こしたように問題児な通貨でもあります。
数年前から政策金利が8%前後と南アフリカやメキシコペソと比べても高く推移していましたが、2018年、2019年、2020年と金利が激しく乱高下して、一時期24%もありました。
※2020年1月時点では11.25%

政策金利(2020年1月時点)

トルコ国内の政情不安などでトルコ安が進み、政策金利を上げて対抗しようとしたりエルドアン大統領が動けば動くほどに、為替相場も大きく変動した時期でした。

この2018年に大暴落して1トルコリラ15円台まで落ちた時には、よくニュースにもなっていました。
30円台くらいからスワップ運用をしていた個人投資家も多くいたので、その阿鼻叫喚っぷりが強く印象に残っています。

トルコリラ円の大暴落チャート(2018年8月)

では「トルコリラへの投資はなしか?」と言えば、その後のチャートは安定はしているんですよね。
15円台の安値は更新していません。

トルコリラ円の長期チャート

反転しての右肩上がりのチャートは描けてはいませんが、下げは緩やかになっており、横ばいの相場が続いています。

そして、トルコリラ円のスワップポイントは、今でも1日40円前後はあるので、「チャートが横ばいで高金利ならスワップ運用ありかも?」という状況にはあります。
※エルドアン大統領も最近は利下げの見通しを示しています

ただ、トルコリラ円のスワップポイントが高いFX業者というのもここ数年で変化してきているので、2020年の最新版として、トルコリラ円を買ってみたい方向けに、FX会社を比較しました。

トルコリラ円のスワップポイントが高いFX業者は?

まずは、トルコリラ円の取引が可能なFX会社の中から、スワップポイントが比較的高い業者をピックアップしました。
スワップポイントでの比較はもちろんですが、スプレッドや手数料などでも比べています。

トルコリラの比較表YJFX!
※2020年3月取扱開始
LIGHTFXトライオートFXみんなのFXヒロセ通商FXプライムbyGMOGMOクリック証券
スプレッド3.0銭
※原則固定例外あり
1.6銭
※原則固定例外あり
1.5銭
※原則固定例外あり
※通常5.5銭
1.6銭
※原則固定例外あり
1.6銭
※原則固定例外あり
4.8銭
※原則固定例外あり
1.7銭
※原則固定例外あり
スワップポイント60円40円25円30円16円18円27円
売買手数料無料無料無料無料無料1万通貨未満片道3銭、1万通貨以上0円無料
取引単位1万通貨単位
※米ドル円等は1000通貨
1000通貨単位1000通貨単位1000通貨単位1000通貨単位1000通貨単位1万通貨単位
※ スワップポイントは2020年4月3日時点の1万通貨あたりの数値。また、各国の金利情勢により、日々変動致します。受取額の減少・支払いへと転ずる可能性があります。
スワップポイント2420円280円204円190円147円114円91円
※スワップポイント2は、2020年3月30日(月)〜4月3日(金)を合計したもの。
※トライオートFX(インヴァスト証券)はスプレッド縮小キャンペーン中。2020年4月1日(水)~2020年5月29日(金)

そもそも以前まではトルコリラ円のトレードが出来るFX会社はとても少なかったので、最近は充実していますね。
GMOクリック証券は、トルコリラ円の取り扱いをスタートさせた頃は条件が良かったのですが、今は比較すると一目瞭然で、スワップ運用には使えません。

みんなのFXとLIGHTFX(ともにトレイダーズ証券)、インヴァスト証券のトライオートFXの3社がトルコリラ円の取引条件が今は良いです。
※トライオートFXはキャンペーン適用でのスプレッドの為、今後継続するかが鍵

スワップポイントを比較するなら1日ではなく、1週間で!

よくスワップポイントの比較で、1日あたりいくら?という基準で高い、安いが言われていたりしますが、これだと間違ったFX会社選びをしている可能性があります。(損をしている可能性あり)
せっかくなので、「本当にスワップポイントが高い業者」を選ぶべく、出来る限り長期間の実績を見た方が良いです。

先ほどの表にも少し入れたのですが、トルコリラ円のスワップポイントを1週間というものさしで比べてみました。

FX会社名3月30日3月31日4月1日(水)4月2日(木)4月3日週間合計平均/日
YJFX!
※2020年3月取扱開始!
60円60円180円60円60円420円60円
LIGHTFX40円40円120円40円40円280円40円
トライオートFX32円32円90円25円25円204円29.14円
みんなのFX30円30円75円25円30円190円27.14円
ヒロセ通商27円31円48円25円16円147円21円
FXプライムbyGMO15円18円18円45円18円114円16.28円
GMOクリック証券13円13円30円8円27円91円13円
※スワップポイントは1万通貨あたり。2020年3月30日(月)〜4月3日(金)。

1日あたりのスワップポイントだとヒロセ通商も良い勝負なのですが、1週間単位になると、大きく差が開きます。
スワップポイント3倍dayに貰える金額がかなり少ない欠点があるんです。

結果、みんなのFX、LIGHTFX、インヴァスト証券(トライオートFX)の3社の有利な条件が目立っていると思います。

トルコリラ円のスプレッドの狭さは、1.6銭がトップクラス

上位3社のスプレッドを比べるために、もう1度比較表を見てみましょう。

トルコリラの比較表YJFX!
※2020年3月取扱開始
LIGHTFXトライオートFXみんなのFXヒロセ通商FXプライムbyGMOGMOクリック証券
スプレッド3.0銭
※原則固定例外あり
1.6銭
※原則固定例外あり
1.5銭
※原則固定例外あり
※通常5.5銭
1.6銭
※原則固定例外あり
1.6銭
※原則固定例外あり
4.8銭
※原則固定例外あり
1.7銭
※原則固定例外あり
スワップポイント60円40円25円30円16円18円27円
売買手数料無料無料無料無料無料1万通貨未満片道3銭、1万通貨以上0円無料
取引単位1万通貨単位
※米ドル円等は1000通貨
1000通貨単位1000通貨単位1000通貨単位1000通貨単位1000通貨単位1万通貨単位
※ スワップポイントは2020年4月3日時点の1万通貨あたりの数値。また、各国の金利情勢により、日々変動致します。受取額の減少・支払いへと転ずる可能性があります。
スワップポイント2420円280円204円190円147円114円91円
※スワップポイント2は、2020年3月30日(月)〜4月3日(金)を合計したもの。
※トライオートFX(インヴァスト証券)はスプレッド縮小キャンペーン中。2020年4月1日(水)~2020年5月29日(金)

インヴァスト証券(トライオートFX)だけ、2月末までのキャンペーン期間中により、スプレッド1.6銭になっています。

補足をすると、キャンペーン期間の延長がある可能性と、トライオートFXは自動売買が出来るFX業者なので、「トルコリラ円×自動売買」という独自の強みがあります。

単純に「スワップ運用」をしたい場合は、みんなのFXかLIGHTFXに口座を持つと良いと思いますが、相場の横ばいの局面での為替差益を狙っていきたい、積み重ねていきたい場合は、トライオートFXで自動売買も組み合わせると良いと思います。

トライオートFXの自動売買自体は既にあるプログラムを選択したり、簡単に自分で作れたりするので、あまりビビらずにチャレンジしてみて大丈夫ですよ。

みんなのFX等1000通貨単位のFX業者がスワップ運用に向いている

スワップ運用は、一括でドン!っと購入しても良いですが、為替の変動リスクを考えると、積立投資的に、毎月買っていく方がリスク分散になって良いと思います。

もしくは、毎週買うのもありですね。
買える楽しみが増えますし。

トルコリラ円の為替レート自体が18円前後だったりするので、1万通貨でも必要証拠金は7200円前後と低くはありますが、「1万通貨、2万通貨・・・・」と選ぶよりも、「5000通貨、1万通貨、1万5000通貨・・・」などと細かく刻んで買える方が、便利に使えますよ。

「あとちょっと買いたいのに!」が満たされます。

そういう意味でも、みんなのFX、LIGHTFX、トライオートFXの3社は1000通貨単位のFX業者なので、スワップ運用に向いています。

トルコリラでスワップ運用する場合のFX業者【おすすめ】

みんなのFX(トレイダーズ証券)

みんなのFX トルコリラ円

みんなのFXは、トルコリラ円のスワップポイントが高く、1年以上安定してトップクラスの位置にいます。

また、米ドル円のスプレッドが0.2銭(原則固定、例外あり)ととても狭く取引条件が良いので、メイン口座としても使えるFX口座です。

LIGHTFXとは同じ親会社を持ち(トレイダーズ証券)取引アプリやスペックがほぼ同一なので、トルコリラ円はみんなのFXで運用して、もう1つの高金利通貨の南アフリカランド円はLIGHTFXで運用すると言った形での使い分けにも適しています。
※南アフリカランド円もスワップ運用で人気
※みんなのバイナリーオプションなどもある業者です

LIGHTFX(トレイダーズ証券)

LIGHTFXは、トルコリラ円のスワップポイントが安定的に高く設定されているFX会社です。
後発のFX会社になるので、スワップポイントの高さやスプレッドの狭さをしっかりと競争力のある水準にしているなと感じます。

親会社はみんなのFXと同じトレイダーズ証券で、上場会社でもあるので安心ですね。

スワップ運用する中で、未決済のポジションでもスワップポイントだけ引き出しが可能な点も長期投資をしていく中で、便利だと思います。

約定力も99.9%と高いので、スワップ運用にも、デイトレードにも使えるFX会社です。

トライオートFX(インヴァスト証券)

トライオートFXは、自動売買系のFX会社ですが、トルコリラ円のスワップポイントが非常に高い業者でもあります。

スワップ運用は、ある程度放置出来る投資手法ですが、自動売買もそう言った意味では似ているので、スワップ運用をしたい人には自動売買もおすすめ出来ます。

そして、トライオートFXであれば、「トルコリラ円×自動売買取引」が可能です。

既にある売買プログラムから選択するだけでも良いですし、自分で今後の相場を予測して、それに合った売買プログラムを作り出すのもありです。
※ビルダー機能あり
※スマホアプリからも作成可能(もちろん発注も可能)

トルコリラ円のスワップポイントは1年間でいくらになる?

トルコリラ円は、現在1日40円程のスワップポイントになっていますが、年間だと14600円程になります。

※1日あたり40円、30日で1200円、365日で14600円になります。
※1万通貨

ただ、冒頭の政策金利の推移チャートでも分かるように毎月の政策金利の発表によって貰えるスワップポイントが下がる可能性もありますので、その点はリスク要因になります。
※反対に上がる可能性もあり
※1日100円超貰えていた時代もあります

スワップ運用はロスカットされずに生き残ることが大切

スワップ運用は、過去のトルコリラ円相場でもあったように、暴落時にロスカットされないことがとても大切です。

生き残ってさえいれば日々スワップポイントが貯まるので、低めのレバレッジでの運用が基本になっています。

レバレッジ1倍でも政策金利は11.25%(2020年1月)なので、2倍で約20%、3倍で30%超と考えると、右肩上がりに反転しなくても、横ばいのままずっといてくれるだけで良いなって感じですよね。

相場が動いていないとどんどんポジションを積み増していきがちですが、スワップ運用という手法の特徴も踏まえて、レバレッジは低めに抑えておく方が良いと思います。

みんなのFX公式サイトを見てみる!
LIGHTFX公式サイトを見てみる!
トライオートFX公式サイトを見てみる!

メキシコペソ円も政策金利7.25%とスワップ運用向きの高金利通貨ペアなので、興味持たれた方はこちらもどうぞ。
【2020年】メキシコペソ円のスワップポイントを比較!【おすすめのFX会社選び】

南アフリカランド円は政策金利6.25%です。
【2020年】南アフリカランド円(ZAR/JPY)のスワップポイント比較【高い業者は?】