FXプライムbyGMOのiPadアプリの使用感!本音のレビュー!

FXプライムbyGMOはiPad専用のアプリを出しています。
「プライムアプリS」という名前は、FXプライムbyGMOのiPhone/Androidアプリと同じですが、iPad専用の別のアプリとなっています。
ただし、使用感は非常に似ていて、基本的には同じで、所々iPadの大画面を活かした構成になっている印象です。

それでは実際に見ていきましょう。

FXプライム

FXプライムbyGMOのiPadアプリは親切!

まず最初にiPadアプリを立ち上げると下記の画面になります。
取引の方法から各種機能の使い方を教えてくれるので、とても親切な作りですね。

fxprimeipad-first

そして、こちらがトップ画面です。
iPadアプリの場合、縦画面はなく、全て横画面で操作します。
この横で見る形が、左側にレート表示、右側にチャートなどを同時に表示出来るので、とても便利です。

また、左端のレート表示の設定をいじれば、通貨ペアの並び替えや表示・非表示が出来ます。
そして、タブを切り替えれば、本日のスワップポイントの確認も出来、ヘッドラインニュースについても引っ張りあげて複数のニュースを表示させる事が可能です。

fxprimeipad-top fxprimeipad-rate fxprimeipad-swap fxprimeipad-headline

FXプライムbyGMOのチャートはiPadアプリでも2種類!

まずは通常チャートを見てみましょう。
1つで大きな画面と4つの分割画面です。

画面下の「MYレイアウト」は3種類設定できるので、4画面全てをチャートにしたり、口座情報やポジション状況を組み合わせて使用したり、カスタム可能です。

また、チャートのテクニカル分析指標は他社と比較しても多いです。
トレンド系で、移動平均、指数平滑移動平均、一目均衡表、ボリンジャーバンド、エンベロープ、パラボリック、下記で写っていませんがフィボナッチまで7種類用意されています。
オシレーター系では、RSI、ストキャスティクス、DMI、RCI、ROC、MACD、%Rオシレータの7種類です。
トレンド系とオシレーター系合計14種類のテクニカル分析指標が使用出来ます。

fxprimeipad-chart1 fxprimeipad-top2 fxprimeipad-chartset1 fxprimeipad-chartset2

ぱっと見テクニカルもiPadアプリで使用可能!

FXプライムbyGMOの独自チャート予測ツールである「ぱっと見テクニカル」はiPadアプリからも使用が出来ます。
通貨ペアや比較対象通貨ペア、1時間足などの時間足を設定すれば、数秒で予測チャートが表れます。
ちなみに、一致率の高い順で3段階予想は見られますよ。
そして、比較対象通貨ペアを「同一通貨ペアから全通貨ペア」にすると、より一致率の高い予測結果の表示が出やすくなります。

fxprimeipad-pat1 fxprimeipad-pat2

iPadからもスピード注文OK!

iPhone/Androidアプリ同様に、iPadからもスピード注文機能が使えます。
チャートを表示させたまま、ワンクリックで発注が可能なので、大変便利です。
思わずスキャルピングしちゃう感じですね。

また、スピード注文注文でも、通常注文でも、事前に注文設定はしておきましょう。
発注lot数や、逆指値の設定などを予め決めておくことが出来ますので、早い注文につながります。
取引数量はFXプライムbyGMOは1000通貨単位採用のFX会社なので、1000通貨毎に増減可能ですよ。

fxprimeipad-speed fxprimeipad-hacchuset1

FXプライムbyGMOのiPadアプリレビューのまとめ

と言うわけで、FXプライムbyGMOのiPadアプリの使用感を書いてきました。
僕はサブ口座として、ぱっと見テクニカルを見たり、オンラインセミナーを見たりという使い方をしていますが、アプリとしてのレベルは高いので、もっと取引に使っても良いかもしれませんね。

コスト(スプレッドの狭さ)は安い業者ではありませんが、iPadなどの取引ツールの充実度・質は高く、また、セミナーなど投資情報も豊富に用意してくれているFX会社ですよ。
少しでも興味を持って頂けた場合は、FX口座の開設は無料なので、ぱっと見テクニカルなどを実際にお試し頂くのが早いかなと思います。
下記公式サイトになりますので、是非ご覧ください!
(口座開設申込はネットから5分程度です!)

FXプライム

FXプライムbyGMO公式サイト・口座開設はこちら