外為オンラインのスマホアプリ(iPhone/Android)の使い勝手をレビュー!

今回は外為オンラインのスマホアプリ(iPhone/Android)のご紹介です。
大島優子さんがCMしているのでも有名なFX会社ですね。
業界の中では老舗な会社です。

外為オンラインのスマホアプリはピンク(赤)を使った画面に特徴があります。
公式ホームページ見てもそうですし、コーポレートカラーなんでしょうかね?
女性のユーザーが多い印象を勝手に持っているのですが、もしかしたらこういう所も人気の1つなのかもしれませんね。
あ、でも大島優子だと男性人気の方が高いのかな??

そんな外為オンラインのスマホアプリの使い勝手はどうなのでしょうか?
という訳で、iPhoneアプリを使用して、実際に試してみました。

まずはiPhoneアプリのホーム画面から!

ホーム画面では、「為替レート」をメインに、「ニュース」と「チャート」がタブの切り替えで確認する事が出来ます。
せっかくなので、ニュースをチェックするなら一覧表示で見たほうが分かりやすいです。

また、外為オンラインのアプリの良い所がニュースの配信元で「ロイター」もある所です。
「Fx-wave」や「MarketWin24」は他社のアプリでも配信されていますが、ロイターニュースは恐らく主要業者の中でないと思います。
(管理人のあやふや調べ・・・)

以下、ホーム画面⇒ニュース画面⇒配信元の順番でイメージです。

gaitameonlineiphone-home gaitameonlineiphone-news1 gaitameonlineiphone-news

外為オンラインのチャートは使いやすい??

先ほどのホーム画面でタブを切り替えるとレートを見ながらチャートが見れます。
また、「チャート」メニューを選択すれば、大きな画面でチャートをチェックする事が出来ます。

スマホを横に傾ければ、ワイドバージョンのチャートが見れるので、こちらの方がより見やすく使えると思います。

チャートの種類はローソク足と平均足があります。
テクニカル分析は1つだけ、2つだけ、そして3つ表示させる3種類のパターンがあり、それぞれ記憶・保存させておくことが出来ます。
今回は、一目均衡表とMACDとRSIの3つを表示させています。
3つだと画面が窮屈に感じる方は、2つ表示が良いと思います。

ちなみにテクニカル分析の種類としては、トレンド系指標が6種類、オシレーター系指標が7種類の合計13種類用意されています。
他社のアプリと比較しても、真ん中ぐらいにランクインするラインナップです。
それぞれ、パラメーターを設定出来るので、数字をいじって自分なりの必勝法を編み出せると良いですね。

・トレンド系(移動平均線、EMA、ボリンジャーバンド、一目均衡表、GMMA(SMA)、GMMA(EMA))
・オシレーター系(MACD、RSI、DMI、RCI、ストキャスティクス、スローストキャスティクス、乖離率)

gaitameonlineiphone-chart chartyoko gaitameonlineiphone-chartset1 gaitameonlineiphone-chartset2 gaitameonlineiphone-chartset3

メニュー画面で設定やクイック入金の管理

続いては、管理系の項目があるメニュー画面をチェックしていきましょう。
ポジションの管理だったり、設定変更、入金・出金管理などが出来ます。

「設定」では、為替レートアラームや、発注量(lot数)、許容スリッページ、通貨ペアの表示順番変更などの項目が用意されています。
通貨ペアは自分が取引が多いものを上にしておくと良いですね。

また、外為オンラインの場合、スプレッドが他社と比較して広いデメリットがあるので、この点は、取引する通貨のスリッページの設定はきちんとしてリスク管理をしておきましょう。
初期設定ではスリッページが9銭だったので調整必須!ですね。

gaitameonlineiphone-menue gaitameonlineiphone-set gaitameonlineiphone-rateset gaitameonlineiphone-slip gaitameonlineiphone-arart gaitameonlineiphone-nyukin

その他のメニューからはiサイクル注文が可能

外為オンラインの自動売買は「iサイクル」ですが、アプリのその他のメニューから見に行けます。
ただし、注意点としては、ブラウザが立ち上がって、注文・設定する事になりますよ。
gaitameonlineiphone-icicle

事前に注文の初期設定を忘れずに!

FX取引をiPhoneやAndroidなどのスマホアプリで取引する場合、休憩時間など「時間がない!」という時もあると思います。
ですので、事前に許容スリッページや決済時の利確幅、損切り幅を設定しておくと便利です。

決済同時注文の場合、OCOがなく、「指値で損切り注文だけ」というFX業者もあります。
この点、外為オンラインの場合、利食いと損切り両方の注文=OCO注文を出せるのはとても良いです。

gaitameonlineiphone-chumon2 gaitameonlineiphone-chumon

外為オンラインのスマホアプリ(iPhone/Android)のまとめ

という訳で、外為オンラインのスマホアプリのレビュー記事でした。
今回はiPhoneアプリを使用しましたが、Android端末(エクスペリア)でもチェックした所、画面構成や操作性が違いました。
iPhoneアプリとAndroidアプリを同じように作っているFX会社が多いので、珍しいですね。
Androidのレビューも書こうかな?と考え中です。

また、レスポンスに関しては、結構良かったです。
レート表示は初期設定では3秒毎に変わるようになっていて、これではトレードにならないので、最短の1秒毎に設定し直した方が良いと思います。

LTE回線でもチェックしてみましたが、Wifi同様サクサクレートが動いていたので問題ないと思います。

結構使いやすいアプリだと思いますので、興味を持たれた方は下記公式サイトから口座開設してみてください!

外為オンライン公式サイト・口座開設はこちら