【使って分かった】スイングトレードする際のおすすめFX会社はココ!

スイングトレードと一言で投資手法を言っても、微妙にトレーダーとしてのタイプは変わってくるんですよ。

例えば、米ドル円しか取引しない人もいれば、豪ドル円やNZドル円、トルコリラ円でスワップポイントにも期待してスイングトレードをする人もいます。
また、ロング(買い)からしか入らない人もいれば、ショート(売り)で1~2週間くらいの短期急落を狙って取引する人もいます。

ですので、今回はスイングトレード向きのFX口座なのはもちろん、もう少し細かくトレーダーとしての自分の特性を理解して、FX会社の特長も理解して、ベストな選択をして頂ければと思います。
それではご覧ください!

米ドル円やユーロ円の取引が多い人は王道のFX会社を選ぶべき!【GMOクリック証券】

スイングトレードの中でも最も多いパターンだと思いますが、「米ドル円しかトレードしない、いじってもユーロ円などクロス円をたまにするだけ」というタイプのトレーダーならば、やはり王道のGMOクリック証券が1番おすすめです。

スプレッドはFX業界でトップレベルに狭いですし(取扱のある全19ペアで狭いです)、昔からiPhoneアプリでの使いやすさが気持ち良いくらい優れていて、iPhoneでおすすめのFXアプリを独断と偏見で選びました!記事でもGMOクリック証券はもうずっとおすすめしているくらいです。

自分がスイングトレーダーとして「基本的なタイプ」なのであれば、素直に1番王道のFX会社が使いやすいと思いますよ!

GMOクリック証券公式サイトを見てみる!

ショート派ならば、売りのスワップポイントにも気を配りたい!【DMMFX】

売りから入って、数日から数週間、数ヶ月のスイングトレードをするとなると、日をまたぐロールオーバーの際に(通貨ペアにもよりますが)基本的にはマイナススワップポイントが発生します。

スワップポイントというと一般的に買いの価格しか注目しない事が多いですが、ショートするなら売りのスワップポイントをしっかり見ておくべきです。
なぜならFX会社によっては、「買いのスワップポイントが高く長期派におすすめだが、売りのスワップポイントも他社と比べて非常に高い」というFX会社もあるからです。
そんな業者でショートで長期間保有するのは大損ですよね。
こういった手数料関係のところは、「自分が注意するだけで回避出来る」ので、しっかりとFX会社を見極めた方が得をしますよ。

そして、僕の結論はショートする事が多いならDMMFXがおすすめです。

DMM FX

DMMFXと言えば、GMOクリック証券同様のハイスペックで有名ですが、スワップポイントに関してちょっと大きな特長があります。
それは、「DMMFXでは、買いと売りのスワップポイントが同値」なのです。

つまり、米ドル円の買いスワップが24円の時には、売りスワップも-25円って訳です。
他の豪ドル円やNZドル円など全ての通貨ペアでも同様です。

一般的なFX会社であれば、買いのスワップポイントが25円ならば売りのスワップポイントは-30円などとより大きく引かれますよね。
ですので、DMMFXはショート派にも優しいFX会社って訳です!

DMMFX公式サイトを見てみる!

トルコリラ円でスワップポイント期待のスイングトレードなら【FXプライムbyGMO】

スイングトレードでのスワップ運用をするならば、高金利通貨と言われるトルコリラ円や南アフリカランド円へ投資するのが基本です。
そして、まずトルコリラ円を取り扱っているFX会社というのがかなり絞られます。
いわゆるマイナー通貨になるので、DMMFX等の大手FX会社でも取扱がなかったりします。

また、トルコリラ円の取扱があったとしてもセントラル短資FXのようにスワップポイントが低い・・・、、、というケースも多いです。
なんというか、とりあえず扱っておくか感が出ているというか。(FX会社としてこの通貨ペアに力を入れていない印象を受ける事も多い!)

そんな中、FXプライムbyGMOのトルコリラ円のスワップポイントは非常に優秀です。
スワップポイントなので日々変動はしますが、競合他社と比べて上回るor同水準の事が多く、しっかりとおすすめできるFX会社です。

あとは1000通貨単位にもFXプライムbyGMOは対応しているので、「為替レートが下がったら買う、また下がったら買う・・・・」という細かい分割した買い方も出来ます。
(一般的な1万通貨よりも10分の1の小さいサイズから取引が可能!)

ですので、スワップポイント期待でのスイングトレードをするならFXプライムbyGMOがイチ押しです!
(下記のような感じでトルコリラ円の広告も気合入ってます!笑)

FXプライムbyGMO公式サイトを見てみる!

1000通貨単位での少額取引orコツコツ買い増ししたいタイプなら【外為どっとコム】

「米ドル円やユーロ円でのスイングトレードではあるが、小さなロットで買っていきたい」というタイプには、外為どっとコムをおすすめします。
スプレッドに関しては、GMOクリック証券やDMMFXと肩を並べる水準で、FX業界トップクラスに低コスト体質なので安心して使えますよ。

そして、上記2社の取引単位が1万通貨なのに対し、外為どっとコムは1000通貨から取引可能です。

また、(スワップポイントは大して高くはないものの)トルコリラ円のトレードをする事も出来ます。

つまり、「総合的に考えて柔軟性のあるFX会社を選びたい!」という方におすすめなのが外為どっとコムって訳です!
最新情報を公式サイトでご確認の上、口座開設をお申込み下さい!

外為どっとコム公式サイトを見てみる!

スマホアプリとPCでの取引が同じくらいならGMOクリック証券かDMMFX!

スイングトレードをしていく中でも、FX会社の取引ツールにこだわって比較したい場合は、まずはFXアプリの操作性を見ると良いと思います。
と言うのも、「スマホアプリが使いやすいが、PC版のツールが使いにくい」というFX会社は僕の感覚的に見当たらないからです!

逆はありますよ?
「PC版のツールはハイスペックだし操作性良いのに、スマホアプリがクソすぎる・・・」みたいなFX会社はあります。

ですので、ツールで選ぶならアプリが使いやすくて、もちろんPC版ツールも使いやすいと僕が評価しているGMOクリック証券かDMMFXを推します!

参考:GMOクリック証券のスマホFXアプリはどう?【レビュー】
参考:DMMFXのスマホアプリ(iPhone/Android)のリアルなレビュー!
参考:DMMFXのPC版チャート・発注ツールの使い方・感想・評判!

スイングトレードにおすすめのFX会社のまとめ!

という訳で、スイングトレードをしたい人を更に細かくタイプを分けて、その人に合うFX会社をご紹介してきました。

王道で行くならGMOクリック証券、売りで入りたいならDMMFX、スワップポイント狙いならFXプライムbyGMO、1000通貨単位なら外為どっとコムです!

なんとなくでも良いので、「自分はスイングトレードでどういう戦略で攻めたいのかな~?」と考えて頂いた上で、ピッタリのFX会社を選んで下さいね!
納得行くFX会社選びが出来る事、応援してます!!