DMMFXのスマホアプリ(iPhone/Android)のリアルなレビュー!

DMMFXのアプリは2020年現在、iOS8以上、AndroidOS5.0以上が推奨環境になっています。
最新のiOSは13なので「9割以上ほとんどの人が使える」と思います。
※推奨機種がかなり古いiPhone5以上となっているので、普通のサイクルで機種変していれば特に問題ありません
※iOS13などすぐにアップデート対応をしてくれています

アプリの率直な感想としては「とても使いやすい」「見やすい」「スピード注文が便利」「年間損益なども見れたり機能豊富」という感じです。

画面構成や操作性などGMOクリック証券のスマホアプリとは結構違いがあって、「どちらのビジュアルの方が自分が気にいるか?」が1つの判断基準になると思います。(チャート分析指標など性能はどちらも良い)

スプレッドなどのその他のスペック面では差がない両者なので、iPhoneやAndroidのスマホアプリの操作性でどちらのFX業者にするか?を決めると良いですよ。

※参考:スプレッド比較表

FX業者名米ドル円ユーロ円ユーロドルポンド円豪ドル円NZドル円
DMMFX
※原則固定例外あり
0.2銭0.5銭0.4pips1.0銭0.7銭1.2銭
外為ジャパン
※原則固定例外あり
0.2銭0.5銭0.4pips1.0銭0.7銭1.2銭
YJFX!
※AM9時~AM3時まで原則固定例外あり
0.2銭0.5銭0.4pips1.0銭0.7銭1.2銭
外為どっとコム
※AM9時~AM3時まで原則固定例外あり
0.2銭0.5銭0.4pips1.0銭0.7銭1.2銭
GMOクリック証券
※原則固定例外あり
0.2銭0.5銭0.4pips1.0銭0.7銭1.2銭
LIGHTFX
※AM8時~AM5時まで原則固定例外あり
0.2銭0.4銭0.3pips0.9銭→
0.8銭※4/30まで
0.6銭1.0銭
みんなのFX
※AM8時~AM5時まで原則固定例外あり
0.2銭0.4銭0.3pips0.9銭→
0.8銭※4/30まで
0.6銭1.0銭
セントラル短資FX
※AM8時~AM3時まで原則固定例外あり
0.2銭0.4銭0.3pips0.9銭0.5銭0.9銭
ヒロセ通商
※AM9時~AM2時まで原則固定例外あり
0.2銭0.5銭0.4pips1.0銭0.7銭1.0銭
トライオートFX
※AM9時~AM5時まで原則固定例外あり
0.3銭0.5銭0.3pips1.0銭0.6銭1.7銭
FXプライムbyGMO
※原則固定例外あり
0.3銭0.6銭0.6~最大12pips1.1銭0.9銭1.6銭
外為オンライン
※原則固定例外あり
1.0銭2.0銭1.0pips4.0銭3.0銭6.0銭
※2020年3月9日現在
DMM FX

DMMFXのスマホアプリの発注画面

注文方法は成行、指値、逆指値、IFD、OCO、IFOがある

DMMFXの発注画面から見ていきましょう。
ストリーミングは成行注文の事です。
成行から、指値、IFD、OCO、IFOまで対応しています。

事前に新規注文時の発注量や許容スリッページを設定しておけば、初期値としてこの値が設定されるので、自分用にカスタムする事が可能です。
※スリッページは値動きが激しい時には0.5~0.8くらいないと約定しない事があります。普段は0.3とかでも大丈夫です
※1lotは1万通貨で、100万通貨の発注まで可能です
※IFOは、新規注文&決済注文(指値と逆指値)の同時発注方法です

スピード注文機能はワンタップで発注が完了するので、スキャルピングやデイトレードなど更にスピード感のある取引が可能になります。
(決済同時発注の損切り注文は入れておいた方が良いです)

DMMFX注文方法 DMMFX注文設定 DMMFXアプリスピード発注 DMMFX通貨ペア選択

レート一覧表示【通貨ペア/並び替え】

また、レート一覧表示も見やすい作りになっていると思います。
レートは設定から表示する順番、表示する通貨ペアを選択出来ます。
※全部で20通貨ペア取引可能
並び替えが出来るので、例えば一番上にユーロドルを持ってくる事も可能です。

僕はiPhone11を使用していますが、9通貨ペアをそれなりの大きさで表示させられるので、見やすいと思って使っています。
※高値、安値が見れて、スプレッドの開き具合も表示されているので分かりやすいです

DMMFX通貨ペア並び替え DMMFXレート一覧表示

スワップポイントと必要証拠金の表示方法

毎日のスワップポイントについてもアプリからすぐに確認する事が出来ます。
(買いスワップ、売りスワップ、付与日数)
必要証拠金は、為替レートの水準によって変動するので、大きく動いた時や普段取引しない通貨ペアをトレードする時には確認しておくと良いです。

また、アプリのテーマカラーの設定も可能で、白っぽい感じか黒っぽい感じの2パターンから選ぶ事が出来ます。
僕は黒に設定しています。
その理由は、DMMFXのアプリとは関係ないのですが、「黒(ダークモード)の方が目に優しい」「消費電力を抑える」と言った本当か嘘かはハッキリしませんが、そういうネット記事が結構話題になっていたので、効果あるのかな?と色々なサービスを半信半疑でダークモードに切り替えました。
※最初は白い背景と違い違和感ありましたが、ちょっとして慣れました

DMMFXアプリでスワップポイント表示 DMMFXアプリのテーマ切り替え(黒・白)

テクニカル分析指標は11種類【スーパーボリンジャー、スパンモデル他】

チャートは、Tick、1分足、5分足、15分足、30分足、60分足、4時間足、8時間足、日足、週足、月足が見れます。
一通り揃っていますね。

チャートタイプはローソク足をはじめ、バーチャート、ラインチャート、平均足と一般的な物は全て揃っています。
ローソク足だけで十分ですけどね。

また、テクニカル分析指標については、移動平均線(SMA)、指数平滑移動平均線(EMA)、ボリンジャーバンド、一目均衡表、スーパーボリンジャー、スパンモデル、RSI、RCI、MACD、スローストキャスティクス、DMI/ADXが用意されています。

アプリがリニューアルされたタイミングで、テクニカル分析指標の数が増えました。

トレンド系6種類、オシレーター系5種類と競合FX会社のスマホアプリの中でも上位のラインナップになっています。

DMMFXアプリのテクニカル分析指標(トレンド系) DMMFXアプリのオシレーター系指標

4画面分割チャートの表示が可能【時間足/通貨ペアで切り替え】

チャート画面についても1つのチャートだけを表示する事に加え、4つのチャートを同時に表示させる事も可能です。
4つのチャートは通貨ペアが同じで時間足が異なるものでも、別々の通貨ペアで同じ時間足を表示させることも出来ますよ。
※例:米ドル円で5分足、1時間足、4時間足、日足
※例2:1時間足で、米ドル円、ポンド円、ユーロ円、豪ドル円
(それぞれの時間足・通貨ペアは4つの中で好きな位置に配置可能)

DMMFXアプリのチャート表示(4画面) DMMFXアプリチャート表示の設定 DMMFXアプリの4画面チャート(通貨別) DMMFXアプリの4画面チャート(通貨ペアの設定方法)

チャートを見ながらスピード発注する事も出来る

ワンタップで発注・約定するスピード注文は、チャートと為替レートを同時に見ながらも可能です。
普段のチャート分析では「スピード注文をOFF」にしておく事で、誤発注の防止にもなります。

DMMFXアプリのチャート表示(1画面) DMMFXアプリのスピード発注(チャートを見ながら注文する)

iPhoneを縦に持って操作する事も出来ますが、横にするとより大きくチャートを見る事が出来るので、こちらの方が僕としてはおすすめの使い方です。
レートや日時のメモリ上をタップする事で水平線と垂直線(描画ツール)が利用可能。
※オシレーター系指標は2つまで同時表示が可能

DMMFXアプリの横画面チャート(スピード注文)

※長くなってきましたが、早く公式サイトも見たいという方は下記リンクから飛べます(限定キャッシュバック付き)

DMM FX

DMMFXスマホアプリのメニュー画面【年間損益の確認も出来る】

ポップな作りのホーム画面がとても見やすい作りになっています。
タイルのようなボタンをタップすると、為替レートやチャート画面、マーケット情報画面の表示が出来ます。

また、左上のメニューを開くと、ズラーっとレート一覧からチャート、トレード、入出金メニュー等が出てきて、ここから操作が出来ます。
※入出金メニューからは、クイック入金、出金予約以外にも「DMMFX」「DMM index」「DMM Commodity」間の振替が即時で可能

年間損益の照会や売買実績(どの通貨ペアをどのくらい取引したか?)などもこのメニューからすぐに確認する事が出来ます。

DMMFXのスマホアプリが初心者に優しい点として、「FXはじめてガイド」「クイックガイド」等の操作マニュアルが準備されている点も大きいです。
もし分からない場合は、このマニュアルをチェックすることで、大抵の事は解決出来るはずです。
DMMFXを利用するのが始めての方やFXの初心者の方でもすぐに理解して、慣れる事が可能なので、とても親切なアプリだと思います。

DMMFXアプリメニュー DMMFXアプリサブメニュー DMMFXアプリの使い方 DMMFXアプリのクイックガイド

経済指標&ニュースのチェックもOK!【経済指標アラート設定あり】

経済指標についても、PCから見るのと変りなく、不自由なく確認が出来るようになっておりとても便利に使えます。
スマホならではのプッシュ通知を使って、重要な経済指標だけ忘れずにチェックする事も可能です。
また、為替ニュースについてもリアルタイムでバンバン飛び込んでくるので、外出先等でもこのスマホアプリがあれば、為替相場関連のニュースを確認する事が出来ます。

DMMFXアプリの経済指標の見方 DMMFXアプリの為替ニュース画面 DMMFXアプリの経済指標表示設定(昨日・今日・明日)) DMMFXアプリの経済指標通知設定(重要度選び)

売買比率の見方(注文比率と人数比率がわかる)

DMMFXは口座数が70万以上もある大手のFX会社になりますが、利用者全体の売買比率を確認することが出来ます。
こういったデータを継続的に見て、閃きが生まれる事もあるかもしれません。
(僕は全然意識していないです・・・笑)

DMMFXアプリで売買比率(注文比率)を見る方法 DMMFXアプリで売買比率(人数比率)を見る方法

クイック入金もアプリから可能!【出金予約もアプリから出来る】

夜中など時間帯に関係なく、ネット環境があれば即時に銀行口座からDMMFXのFX口座に資金移動出来るのがクイック入金です。
これもDMMFXのスマホアプリから対応可能です。
※全国380前後の金融機関に対応
※入金手数料無料
※最低入金額5000円

出金手続きをする事も可能で、平日15時までの出金予約をすると翌営業日に銀行口座に入金される仕組みとなっています。
※最低出金額は2000円。ただし、全額出金すればそれよりも細かい金額でも出金可能です。(手数料無料)
※もちろん、出金予約を取り消す事も出来ます

また、アプリから、証拠金のシミュレーションをする事も可能です。
例えば、投資資金10万円で今すぐに米ドル円を1万通貨買ったら証拠金維持率はどうなるか?といった事がすぐ分かるので初心者のうちは使える機能です。
(追証やロスカットラインが分かる)

DMMFXアプリでクイック入金する方法 DMMFXアプリの証拠金シミュレーション

DMMFXのスマホアプリまとめ

DMM FX

DMMFXのスマホアプリは2017年頃にパワーアップされて(リニューアルした)、機能も増えて、画面も見やすくなりました。
必要なものが揃っているアプリです。
4画面一括表示できるチャートは使えるFX会社も限られるので、DMMFXに口座を持っておくべき理由の1つです。
(同一通貨ペアの異なる時間足(ドル円、5分足・15分足・1時間足・日足等)でも、異なる4つの通貨ペアを表示してもOK)

また、通信速度、レスポンスに関しても、日々外出先で為替レートをチェックしているので実感しますが、非常に良いです。
アプリが軽いんじゃないかな?と思います。

DMMFXはFXの国内口座数第1位の人気業者なので、安心してDMMFXのiPhone/Androidのスマホアプリをお試し下さい。
口座開設は下記公式ホームページから5分~10分で完了しますので、サクッと申込出来ますよ!
※2020年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
※当サイト限定のキャッシュバック特典あり

ここまでDMMFXのスマホアプリについて書いて来ましたが、DMMFXは取引ツールだけでなく、総合的に優れているからこそ、国内口座数1位になれています。

具体的には、

  1. スプレッドが競合他社と比較しても業界トップ水準!しかも全20通貨ペアで最狭水準です!
  2. 安心のカスタマーサポート体制!(平日24時間電話対応に加え、メールやLINEでも質問が可能です!)
  3. 取引量に応じてポイント還元もあり!【取引応援ポイント】

このように初心者に優しいFX会社を1社選ぶとしたら、DMMFXだなと思います。
他の会社でFXを始めている人でもDMMFXの取引環境は是非試してみる価値はありますよ。
激しい人気上位争いをしているGMOクリック証券と結構使い勝手が違うので、それぞれ試してみて”より”自分に合う方を選択するのもありです!

⇒更なるレビューは「DMMFXの評判と僕が使ってみての感想