4月の為替相場傾向~逆張りがおすすめ!?~

4月の相場傾向ですが、3月の相場と逆に動きやすいというデータがはっきりと現れています。
まずは下記データをご覧下さい。

※過去10年間の相場より

同じ方向 逆方向
1月と2月 6回 4回
2月と3月 6回 4回
3月と4月 2回 8回
4月と5月 7回 3回
5月と6月 5回 5回
6月と7月 6回 4回
7月と8月 7回 3回
8月と9月 4回 6回
9月と10月 4回 6回
10月と11月 6回 4回
11月と12月 5回 5回
12月と1月 6回 4回

6:4くらいの確率だとあまり信用してはいけないと思いますが、3月と4月のデータは8:2で逆の方向に動いています。
80%の確率です。
これはかなり信用できるデータかなと思います。

どうしてこのような傾向が出るのかな?と思ったのですが、やはり3月の相場傾向で書きましたが、企業の決算が3月に集中している関係で、3月でポジション解消、新年度の4月で新たにポジションを取り直すといった動きが影響しているのだと思います。

スワップ運用でのスイングトレードをはじめ、デイトレにしても
順張りがFXの基本だと思ってます。
ただし、3月から4月にかけて、ここまでの傾向が出ているのであれば逆張りもありですよね。
もちろんアベノミクス相場のようなテクニカルもあまり効かない相場もあるので、ストップ(逆指値)は必須ですが・・・。

順張りと逆張りをうまく使いこなせない人は口座を分けてみるのも良いかもしれません。
例えばGMOクリック証券の口座では順張り、DMMFXの口座では逆張りといった形で。
ちなみに僕の場合は短期トレード用とスイングトレード用で使い分けていますよ。
口座をやみくもにたくさん持つ必要はありませんが、全く別の口座を用意することでそれがスイッチとなることもあります。
良かったら試して見てください~。

GMOクリック証券のスマホアプリレビューはこちら
DMMFXのスマホアプリレビューはこちら
5月の為替相場傾向はこちら