FX会社をマイナンバーの提出タイミングで比較!口座開設前か後か?

2016年1月から本格的に運用が開始された「マイナンバー制度」ですが、FX会社に新規口座開設する際にも提出が必要になります。
社会保障や税金等の行政手続で必要となりますが、FX会社にも通知しなければなりません。

また、既にFX口座を保有しているFX会社についても、3年間の猶予期間はあるものの、2018年末までにマイナンバーの通知をするように義務化されています。
そして、その対応方法は「FX各社で差があります」が、FX会社としても出来るだけ早くマイナンバーの通知をしてもらうよう努力しているように感じます。

FXの口座開設にまつわるマイナンバーについての情報をまとめました。

FXの口座開設にはマイナンバーの提出が必要!

冒頭でもお伝えした通り、2016年1月以降にFX口座を新規開設する際にはマイナンバーの通知が必要になります。
「しっかり管理してくれるのか?」といった個人情報の漏洩問題が心配にはなりますが、免許証等の本人確認書類を提出するのと同様、「FX口座を持つ為には必要」と割り切るしかないでしょう。

2018年にはマイナンバーの通知が義務化される

遅かれ早かれマイナンバーはFX会社に教える事になります。
というのも、2018年末までには義務化されているからです。

そして、それに向けて、2015年中頃からFX会社がそれぞれスケジュール等を発表し、2016年1月以降の新規口座開設申込の際には、マイナンバーも通知してくださいね!という対応状況になっています。

このような対応になるのも、「FX会社が税務署に提出する支払調書にマイナンバーを記載する事が必須」になっているからです。

といっても、支払調書自体は今までも同様に提出していましたので、特に変な怪しい事(利益が出たのに税金を払っていなかったり)をしていなければマイナンバーを通知することで不利益を被る事はないと思います。

2016年以降の新規口座開設はマイナンバー通知は必須だが、各社でタイミングが異なる

2016年の3月にこの記事を書いていますので、既に新規口座開設する際にはマイナンバーの通知は必須です。

ただし、その通知するタイミングがFX会社によって差があるのが現状です。

口座開設申込審査の際にマイナンバーが必要になるのか?口座開設申込審査完了後に必要になるのか?といったタイミング的な差があります。

FX会社の口座開設申込審査で必要な書類について改めて

FXの口座開設審査申込はスマホでもPCでもインターネットから5分~10分程度ですぐに申込をする事が出来ます。
そして、審査自体もFX業者は「スピード審査」を謳っていますので、最短即日、平均2~3日で結果が出て、1週間以内にお手元にログイン用のIDとPASSが届くのが一般的です。

口座開設審査申込には、「必要事項」と「必要書類」があります。
必要事項については、名前、住所、勤務先、年収、銀行口座、投資経験、投資資金の属性(生活費ではなく余裕資金であること)等になります。

そして、必要書類については、「本人確認書類」と「マイナンバー」になります。
本人確認書類は、「運転免許証やパスポート等の顔写真付きのものがベスト」です。
健康保険証等であれば、公共料金の領収証等別途書類が必要になったりします。

上記本人確認書類に加えて、2016年からはマイナンバーの通知が必要になった訳です。
凄く大事のように騒いでいる感もありますが、たったこれだけと言えばこれだけの違いですよ。

ネットから申込⇒本人確認書類送付⇒口座開設完了・IDとPASSの付与⇒FX取引開始といった流れになります。

主要FX会社の口座開設に伴うマイナンバー通知タイミングの比較!

FX業者名通知タイミング
GMOクリック証券口座開設申込時、審査完了後どちらでも可
DMMFX口座開設申込時
YJFX!口座開設申込時
SBIFXトレード口座開設申込時
外為ジャパン口座開設申込時
外為どっとコム審査完了後
セントラル短資FX審査完了後

この中で1社選ぶとしたらGMOクリック証券です。
理由としては、マイナンバー通知タイミングが、口座開設審査後でもOKで、かつ、FX取引をする上でのスペックが良い(スプレッドが狭い・取引アプリ使いやすい)のでおすすめ出来ます。

他にもドル円のスプレッドで比較したり、iPhoneでおすすめのFXアプリだったり、色々と記事は書いているので参考にしてみてください。

外出先でマイナンバーが分からない場合の口座開設方法

口座開設申込時点でマイナンバーの提出が必要のないFX会社を選択

iPhoneやAndroid等のスマホでFXの口座開設を申込をする際に、手元にマイナンバーがないという状況も普通にありえると思います。
外出先の空き時間に申込をしたりするパターンですね。

そんな時は、先ほどご紹介したGMOクリック証券や外為どっとコム、セントラル短資FX等の「口座開設審査”後”にマイナンバーの通知をする会社」「口座開設審査自体はマイナンバーがなくてもOKな会社」を選ぶようにすると良いですよ。

申込だけスマホで済ませ、帰宅したら証明書・マイナンバーを提出

といっても、「絶対にDMMFXが良い!」(口座開設審査前に必要な会社が良い!)という方もいると思います。

そのような場合は、スマホで「口座開設申込だけ済ませておく」事がおすすめです。

マイナンバーの通知は名前等の必要事項の入力タイミングではなく、「本人確認書類の送付タイミング」になりますので、必要事項だけスマホでやってしまうのが時間を効率的に使えて良いと思います。

そして、家に帰ったらマイナンバーと免許証等の本人確認書類を提出すれば、あとはFX会社による審査待ちになるので、自分がやることは全て完了しますよ。

マイナンバーで勤務先にFXをやっている事がバレる!?

ちなみにマイナンバー制度のスタートにあたって、「副業がバレてしまうのでは?」「FX取引が勤務先にバレてしまうのでは?」といった心配の声も聞きますが、これは「FX会社にマイナンバーを通知する事とは別問題」です。

そして、マイナンバー制度自体に賛否両論があることもあり、「マイナンバーの管理」についてはかなりシビアに各社も各行政もやっているように思います。

という訳で、今回の記事ではFX会社の新規口座開設の際のマイナンバー通知タイミングについて解説し、比べてみました!

GMOクリック証券の評判と僕が使ってみての感想