iPad対応アプリでFX会社を比較してみた!使いやすい&低コストでおすすめは!?

iPadでのFX取引をする際に、どの業者を使うのか?を比較検討してみました。
(Androidタブレットも含む)

まず重要なポイントとして、「iPad専用のアプリがあるのか?」という問題があります。
全てのFX会社でiPad専用のアプリが用意されている訳ではありません。

ただし、iPhoneアプリをそのままiPadで使えるFX会社というもあります。
この場合、画質が粗くなったりしていないか?が1つのチェックポイントです。
また、iPad専用アプリはないが、iPhoneアプリと同じ使い方がiPadでも出来るのであれば、「操作が同じ」「1回覚えればiPhoneでもiPadでもスムーズに取引が出来る」というメリットにもなってきます。

そして、いくらiPadでの取引がしやすいとしても、コストが高い(スプレッドが広い)場合は、結局取引コストが気になり、取引がしづらくなってしまいます。

ですので、複数の項目を比較して、iPadで取引するのにおすすめなFX業者をご紹介したいと思います。

FX業者名米ドル円
スプレッド
iPad専用アプリ有無iPhoneアプリ
で使えるか?
テクニカル分析数
※iPad使用の際
ワイジェイFX
※原則固定例外あり
0.3銭iPad専用アプリ8種類
GMOクリック証券
※原則固定例外あり
0.3銭
※iPhoneアプリと同じ
iPad兼用アプリ10種類
SBIFXトレード
(1万通貨以上~)
※固定ではない
0.29銭×
※使えるが推奨はされていない
21種類
FXプライムbyGMO
※原則固定例外あり
0.6銭iPad専用アプリ14種類
ヒロセ通商
※原則固定例外あり
0.4銭iPad専用アプリ18種類

iPadアプリ最強のFX会社はここ!

YJFX!(ワイジェイFX)【イチ押し!】

・使いやすさ最上級のiPad専用FXアプリ!
・プッシュ通知で経済指標やレートをお知らせ!
・安定のヤフーグループ!
・1000通貨から取引可能!人民元等マイナー通貨もあり!

YJFX!(ワイジェイFX)の評判を見る
ワイジェイFXのiPadアプリレビュー!

yjfx-ipad2016

GMOクリック証券【FX取引高5年連続世界1位!】

クリック証券

・iPhoneアプリと操作性が同じで迷わない!
・チャートを見ながらのスピード発注可能!
・スプレッドはドル円をはじめ、全通貨業界最狭水準!
・FX年間取引高世界1位の堂々の実績!

GMOクリック証券の評判を見る
GMOクリック証券のiPadアプリレビュー!

gmo-ipad2016

FXプライムbyGMO【ぱっと見テクニカルは是非1度お試しを!】

FXプライムの評判を確認!

・iPad専用アプリの使いやすさは抜群に良い!
・テクニカル分析も全14種類と充実!
・「ぱっと見テクニカル」はiPadアプリからもOK!
・初期投資額5000円程度から始められる1000通貨単位のFX

FXプライムbyGMOの評判を見る
⇒FXプライムbyGMOのiPadアプリレビュー!

fxprime-ipad2016

SBIFXトレード

SBI FXTRADE

・1回あたり1万通貨までならドル円スプレッド0.27銭!
・iPad(iPhoneアプリ)のテクニカル分析は全21種類!
・少額から取引出来る1通貨単位を採用!
・ただし、iPadでの利用は推奨外なのが大きなデメリット・・・

SBIFXトレードの評判を見る
SBIFXトレードはiPadアプリ利用推奨外!?

sbifx-ipad2016

ヒロセ通商【LION FX】

LIONFX

・iPad専用アプリのテクニカル分析はなんと全18種類!
・通貨ペア毎に細かくlot数など初期設定可能!
・先読みチャートも1度は使ってみたい!?
・強固なシステム・サーバーは安心感あり!

ヒロセ通商の評判を見る
ヒロセ通商のiPadアプリレビュー!

hirose-ipad2016

iPadでの取引、移動中の通信速度が不安定な環境でも大丈夫??

iPadを使ったFX取引の場合、自宅の光回線(WIFI)など安定した通信環境にいる時よりも、電車の中など外出先にいるケースの方が多いと思います。
LTEや3G回線、WIFIルーター利用などのモバイル回線になった時に止まったりせずにきちんと為替レートが表示され、発注が出来るのか試してみました。

iPad×電車の中(LTE対応モバイルルーター)

電車の中でワイモバイル(イーモバイル)のモバイルルーターを利用して各FX業者のiPadアプリを試してみました。
LTE対応のモバイルルーターです。

結果としては、以下のような感じです。

ワイジェイFX

⇒特に遅延などの減少は起こらずに、いつも通り「Cymo」のスムーズな取引ですごく良い。

GMOクリック証券

⇒サクサク動き、チャートもすぐに表示された。注文もタップした時のレートで約定。

FXプライムbyGMO

⇒こちらもとても快適に為替レートのチェック、チャートの表示、発注まで出来た。

SBIFXトレード

⇒立ち上げ時に再起動になってしまったが、それが通信環境が原因かは不明。ただ、その後は問題なく取引が出来た。

ヒロセ通商

⇒自宅のWIFI回線で取引するのと変わらず、いつもどおりの表示、取引が出来た。

実験の感想

LTE対応のモバイルルーターなので、特に為替レートの表示が止まったりというのは心配なかったです。
それぞれ5分程度アプリを開いてずっと見ていましたが、その間に不具合などはありませんでした。
SBIFXトレードのは原因が分からないのですが、モバイルルーターだからということは関係ないかなと思います。

iPad×テザリング(iPhone6利用)

続いてテザリングを使った場合に、iPadアプリがちゃんと動くか?試してみました。
テザリングはiPhone6を使用し、電波の状態は全体を通して、基本的に○が5個、時々4個になり、すぐに5個に戻るというような状態でした。
モバイルルーターは恐らく問題無いだろうという前提で実験したのですが、テザリングは結構心配でした。

結果はこのように↓

ワイジェイFX

⇒サクサク動いてました。レート表示等も問題なく、テクニカル分析を切り替えてもすぐに反映され、ストレスなく取引が出来ました。

GMOクリック証券

⇒動作に問題なしです。レート表示の設定は1秒~60秒まで選べますが、いつも通り最短の1秒でちゃんと動きました。

FXプライムbyGMO

⇒レート表示+4画面チャートを同時に表示させていましたが、それぞれスムーズな表示が続きました。

SBIFXトレード

⇒レート表示も早く、細かく動いていました。スマホアプリでやるのと変わりない状態で特に大きな問題はありませんでした。

ヒロセ通商

⇒若干のレート表示のぎこちなさを感じましたが、相場状況が不安定だったせいもあるかもしれません。チャート表示や発注・約定はスムーズ。

実験の感想

テザリングを利用しての取引は、当初の心配はなんだったのだろう?というくらい、普通に動きました。
ヒロセ通商だけ微妙に怪しい所もあり、継続的に取引した場合にちょっと不安もありますが、たぶん相場が激しすぎたのも影響しているはずで、PCで見ても同じようなレート表示だったように思います。

【まとめ】iPadでのFX取引は外出先でも出来る!

今回の実験を経ての結論ですが、iPadを持ち歩いてのFX取引も何ら問題がない事を実感しました。
iPhoneやAndroidなどのスマホアプリでのFXが気楽で良いですが、バッグを持ち歩いている時や、より大画面でトレードしたい時にはiPadを利用するのも十分ありだと思います。

その際には、iPadならではの大画面を活かした専用アプリでトレードしたい方は、ワイジェイFXかGMOクリック証券がおすすめです。

また、iPhoneアプリと同じ操作性で見やすさも考慮されたiPadでのトレードをしたい方には、GMOクリック証券が良いと思います!

banner-yjfx300250
クリック証券

という訳で、今回はiPad対応アプリでFX会社を比較しました!