FX初心者がつまずく、リミットとストップの違い

FX初心者の方にとって、
FX用語を頭に入れるのは結構大変です。

覚える数自体はそんなに多くないですが、
やっぱり聞き慣れない言葉、はじめて聞く言葉を覚えるのってちょっと苦労しますよね。

リミットとストップというFX用語もその1つです。

リミット=指値
ストップ=逆指値

です!

注文方法の違いです。

私の友達がちょっと変に?覚えてた例ですが、

リミット=利益確定
ストップ=損切り

です。

間違いとは言えないので、これでも良いですが、
リミット=指値とストップ=逆指値で覚えていたほうが良いですよ。
※その理由についてはページ下部でご紹介します

リミット=指値、ストップ=逆指値の使い方を覚えてスッキリしよう

例1
現在の為替レートが1ドル100円だとして、1万通貨をロング=買ったとしましょう。

そして、決済注文を出します。

その際に、
1ドル101円に上がったら売って下さいという注文がリミット=指値です。

また、
1ドル99円に下がったら売って下さいという注文がストップ=逆指値です。

わかってきましたか??

例2:
今度は、現在の為替レートが1ドル100円だとして、1万通貨をショート=売ったとしましょう。

その際に、
1ドル99円に下がったら買って下さい(=決済して下さい)という注文がリミット=指値です。

また、
1ドル101円に上がったら買って下さい(=決済して下さい)という注文がストップ=逆指値です。

リミット=利益確定、ストップ=損切りで覚えていると後悔すること

リミットを利益確定、ストップを損切りとちょっと間違って覚えている私の友人のような方もいますが、もしこの覚え方をしていると困るケースをご紹介します。


1ドル100円で1万通貨をロング=買いました。

予想に反して、どんどん下がってしまい、現在は1ドル95円になってしまいました。

5円×1万通貨=5万円の損失です。=含み損

100円まではもう戻らないかな・・・・と思ってはいるものの、
出来る限り損失は少なくしたい・・・・というAさんは、

下記のような注文をしました。※現在1ドル95円想定

リミット=97円
ストップ=93円

もし、この後更にレートが下がり、
1ドル93円になった場合には、

ストップ=逆指値=損切り

となります。
※ちなみに損切りはストップ・ロスが正確です。

ただし、
1ドル97円になった場合、
リミット=指値≠利益確定

となります。

1ドル100円で購入しているので、
97円で決済したのなら利益確定とは言いづらいですよね。

というわけでまとめですが、

リミット=指値
ストップ=逆指値

と覚えるようにしましょう~~!

レバレッジとは?
ショートとは?