FXと外貨預金の違いとメリット・デメリット

FXと時々比較されるものに、外貨預金があります。
もしかしたらFXに興味を持たれたきっかけが外貨預金を銀行で進められたから!
という方もいるかもしれませんね。

私のトレーダー仲間の2人は外貨預金がきっかけでした。

ではここではFXと外貨預金の違いについて簡単に確認してみましょう。

FXと外貨預金の違いとメリット・デメリット

FXと外貨預金の違いは何と言っても手数料の差が大きいです。

為替手数料と金利手数料の2つがポイントです。

為替手数料については、現在1ドル100円だとして、
外貨預金で買おうとしても1ドル101円や102円になってしまいます。

この1円、2円が銀行の儲け=スプレッドとなるのですが、1円くらいどうって事ないよ?と思った貴方はちょっと危険です!笑

というのも外貨預金を例えば、100万円分購入するとしたら、銀行に払う為替手数料だけで1万円や2万円払うという事になります。

高く感じませんか?

まだ高く感じない方には更にダメ押しで、
FXの場合の為替手数料をご紹介しましょう。

例えば、DMMFXであれば、1ドル100円だとして、
購入したい場合は、1ドル100円0.3銭払えば良いのです。

その他のGMOクリック証券などでも同様で、1銭に満たない為替手数料=スプレッドで交換してもらえます。

なんだか単位が小さすぎて逆によく分かりませんね?笑

先ほどの100万円分購入するとっという例で言うと、
FX業者に支払う手数料は、30円で済むんですよ。

銀行ってかなり手数料取っているんだ・・!!!
そして、FXって怪しいと思ってたけど、意外と?良さそう?って思ってきませんか?
(まだ信じなくて大丈夫ですよー)

もう1つの違いは金利手数料

外貨預金って金利が高いからおすすめ!
って窓口などで薦められた事ありませんか?

オーストラリアやニュージーランド、ブラジル、南アフリカランドなどのいずれかの外貨預金を勧められた経験がある方もいるかと思います。

確かに金利が高いです!

ゼロ金利政策などの日本で生活していると、
外国の4パーセント、5パーセントと言われる金利はとても高く感じます。

でも、ここでもまた、銀行に手数料を払っているんです。

実際は6パーセントなのに、あなたには4パーセントの提示、そして、差額の2パーセントが銀行の利益。といった感じです。

これもまた100万円分購入したとしたら、
100万円×2パーセント=2万円 
結構取られてますよね。笑

この点もまた、実際に店舗を構える銀行と違って、
インターネットを活用して低コストで運営出来るFX業者は還元率がとても高いのです。

この2つのメリット(為替手数料と金利手数料)を知っていれば、外貨預金ではなくて、FXを選ぶはずです。

他にも2つ、FXが外貨預金より人気がある理由があります。

それはレバレッジの秘密です。

もう1つは、FXでよく耳にするショートとは?の記事をチェックして下さい。

せっかくインターネットを使いこなす世代なので、
是非FXを利用しましょう!