DMMFXの評判と僕が使ってみての感想

FX会社を選ぶ上で、やはりその業者に対する口コミは多少なりとも気になりますよね。
DMMFXの場合、そもそもスペックが高いので比較的良い評判が多かったです。
2ch等を見ていると、トレードは損する時も当然あるので、余計にFX業者に対して腹が立ち、悪い口コミを書く人もいるようですが、そういう書き込みもDMMFXの場合はあまり見られませんでした。

ピックアップしてまとめましたので、順番にご紹介していきますね。

DMMFXのサービスの特徴としては、業界最狭水準のスプレッドが挙げられます。要は低コストで済むって事です。
ドル円、ユーロ円などをはじめとして全部で20通貨ペアを扱っていますが、それら全てで業界トップクラスのスプレッドを実現しているんです。
つまり、取引コストがあまりかからないトレーダー冥利につきる業者って訳ですね。

DMMFXは低コストでトレードが出来る業者!

DMM FX

米ドル円だけなど、特定の通貨ペアに限ってスプレッドが狭いというのは珍しくありませんが、
まんべんなくどの通貨もスプレッドが狭いのがDMMFXの強みとなっています。
FXトレーダーとしては、複数の通貨ペアを取引するのが日常的にありますので、ドル円はもちろんですが、総合的なコストで考えてもDMMFXは選んで間違いのないFX会社でしょう。

そして、DMMFXが優れている所は、スプレッド以外にも抑えておきたい所をしっかりとケアしているというところです。

具体的には、信託保全の完備、トレーダーにとって必須のクイック入金(380程の金融機関に対応)、新規口座開設で特典があるキャンペーン、そして、スマホはもちろん、タブレット、PCからもサクサク動く専用のツールです。

サポートは平日24時間対応!

為替相場が動いている平日24時間対応しているサポートセンターもいざという時には安心です。
サポートで特徴的な点に「LINEアカウント」を使ったサービスも用意されています。
こちらも深夜でもしっかりサポートしてくれて、5分~10分程度で返信を貰えたので、電話が苦手という方に特にオススメです。

スワップポイントのみの引き出し可能!

また、FX取引をしていてスプレッドとともに気になるのがスワップポイントです。(金利)
業界最高レベルのスワップポイントに加えて、保有しているポジションを決済しなくてももらえるスワップポイントはポジションを決済したくない長期投資のトレーダーにとっては心強いポイントになるでしょう。決済しなくても、金利分だけ出金する事が出来ます。

既存顧客の満足度向上も頑張ってくれている印象あり!

このように新規のユーザーを取り込む為に競合他社とスプレッド競争をしつつ、既に利用している既存のFXトレーダーに対しても、満足度の高い取引環境を提供している事が、DMM.com証券がFX口座数国内第1位になった理由でしょう。
※2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2017年1月口座数調査報告書)

自分が新規ユーザーの時なんて、今この瞬間だけです!
申し込み後は既存ユーザーになる訳で、そこのサービス品質がしっかりしていることはすごく大切になります!
実際に利用してみたら何不自由ない使い勝手の良いFX業者となるでしょう。

え?でもあのDMMでしょ?大丈夫なの?
という道は勝ち組FXトレーダーなら誰もが通る道です。(笑)

通算で多少勝っている程度のFXトレーダーの管理人ですが、私も半信半疑で口座開設しました。
ただ、いざ開設してみたらツールが使いやすく、スプレッド&スワップポイントが業界トップレベルという事もあり、しっかりとユーザーに還元してくれるFX会社だなと感じています。

ユーザー満足度を高め、FX業者ならDMMFXが良いよ!という声を増やす事で、更に新規ユーザーの獲得・既存ユーザーのハートをガッチリ掴んでいるのだと思います。
本当おすすめです!

DMMFXの評判はどうなのか?

良い口コミ

・DMMFXのスマホアプリは入出金も簡単に行えるし便利です
・最近スワップポイントが改善されたように感じる。はっきり言って高くてお得です。
・全ての通貨ペアでスプレッドをかなり狭く提供してくれていると思う
・チャートがすごい充実していて見やすい
・高いレベルでバランスが取れているので、デイトレード等どんな取引スタイルでも利用出来る業者だと思う
・高いスペック+信託保全だから安心して取引出来ている
・取引ツール(チャート)がリニューアルしてかなり使いやすくなった
・約定スピードが速くて安定している
・スマホ中心にFXやるならDMMが一番使いやすい
・スワップポイントの買い・売りの差がなく、同値なので、ショートで持ち越しも気にならない
・CMが良かったので決めた
・口座開設まですごい早かった
・スワップのみ出金可能なので長期投資にも向いている
・DMM.com証券は口座数で国内第1位まで上りつめたからなんだかんだ言ってみんな使っているFX業者です
・操作性もかなりのクオリティなので、FX自体初めての人にも分かりやすいはず
・スワップポイントははっきり言って高いよ
・FXはじめてガイドとかあってFXの初心者にも親切
・DMMFXのCMはローラとかとんねるず石橋とか目立つよね
・「DMMFX PLUS」「DMMFX ADVANCE」「DMMFX Trade」「プレミアチャート」などツールが豊富で質が良い
・取引ツールにそれぞれ使い方のマニュアル・クイックガイドがついているから覚えやすいと思うよ
・狭いスプレッド、高いスワップポイント、使いやすい取引ツールと三拍子揃ったFX会社はDMMFX
・早朝の時間帯も他社と比べるとあまりスプレッドが広がらないので好印象持ってます
・LINEサポートの対応がすごく早くて助かった
・新しくなったアプリが機能強化されてて使いやすくなった

こんな口コミも!

・スワップポイントが日によって低い時がある
・約定が決まらない時がある
・DMMは完璧ではないけど、1つの業者で全てをカバー出来ている所はないから好みによって使い分けるのがおすすめ
・ツールが合わなかった
・経済指標発表時は若干スベるし、スプレッドは広がる。どこも似たようなものだが・・

DMM FX

DMMFXの主要通貨ペアのスプレッド

ドル円(USDJPY)ユーロ円(EURJPY)ポンド円(GBPJPY)豪ドル円(AUDJPY)NZドル円(NZDJPY)
0.3銭0.5銭1.0銭0.7銭1.2銭
ユーロドル(EURUSD)豪ドル米ドル(AUDUSD)南アフリカランド円(ZARJPY)カナダドル円(CADJPY)
0.4pips0.9pips1.3銭1.7銭
※スプレッドは原則固定(例外あり)

会社情報・その他

会社名所在地設立年月日金商登録番号自己資本比率
株式会社DMM.com証券東京都中央区日本橋2-16-11 日本橋セントラルスクエア 2階平成18年12月6日関東財務局長(金商)第1629号335.7%
※H29年6月末
通貨ペア数初回入金額取引単位レバレッジ取引手数料
20通貨ペア制約なし10000通貨25倍無料

キャンペーン情報

DMMFXの新規口座開設をして、初回入金額10万円以上+新規取引500lot以上で1万円キャッシュバック。
DMMFXの新規口座開設をして、初回入金額10万円以上+”スマートフォンアプリから”新規取引500lot以上で1万円キャッシュバック。

※当サイトとDMMFXのタイアップキャンペーンにより、更に5000円のキャッシュバック上乗せあります!

DMMFXのスプレッド(手数料)はやはり安い!

DMM.com証券は口座数が国内第1位のFX業者です。
※2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2017年1月口座数調査報告書)

そこまで人気になったのはまず圧倒的に安い手数料があります。
米ドル円の0.3銭をはじめ、取扱いのある20通貨ペアのスプレッドは狭く、どれも他社と比較してトップorトップクラスの水準を誇ります。
また、取引量に応じてのポイント制度があり、ポイントは現金にも交換可能です。
この狭いスプレッド+ポイント還元により、取引コストが最も安く抑えられるFX業者と言えますよ。

取引回数多い方や初心者の方に特におすすめ

コストが安いので、スキャルピングやデイトレードなど取引回数が多くなる売買スタイルの方に特におすすめです。
また、これからFXを初めてみよう!という初心者の方も、まずは人気があり、総合的なスペックも高いFX業者であるDMMFXで口座開設すると良いです。

その後、詳しくなって来たら特徴的なFX業者の口座を持ってみても良いと思います。
と言っても、DMMFXをスペックで超える業者は今のところないので、オリジナルなチャート機能がある、1000通貨単位で取引出来るといったポイントで別の業者を追加すると良いですね。

DMMFXのクイック入金は380の金融機関で可能

FX口座への入出金にはクイック入金を利用するのが便利です。
これは銀行等の営業時間を気にせずに、夜中でもリアルタイムに入金が出来る機能です。
そして、DMMFXでは日本全国380の金融機関に対応しているので、きっとあなたのメインバンクも含まれているはずです。
相場の急な変動で今投資したい!と思った時にもすぐに入金可能なのは非常に助かりますよ。

クリック入金の利用方法はDMMFX側では口座開設するだけで、あとは銀行側の準備が整っているかどうかです。
銀行口座側では、その銀行のインターネットサービスに加入する事が必要です。
楽天銀行やジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行などのネット銀行系をお持ちなら銀行側の手続きは特に必要ないのですぐに使えますよ。

また、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行といった都市銀行や地方銀行、ゆうちょ銀行などはそれぞれインターネットサービスに加入する事が必要です。
みずほダイレクト、SMBCダイレクト、三菱東京UFJ銀行ダイレクト、りそな銀行マイゲート、ゆうちょダイレクトといった感じです。
ネットで残高照会とか出来る人は既に加入済みと考えて頂いてOKですので、すぐにDMMFXのクイック入金が使えます。

プレミアチャートなどの取引ツールについて

DMMFXでは、「プレミアチャート」「DMMFX PLUS」「DMMFX ADVANCE」「DMMFX Trade」といったように、デバイス別に取引ツールが用意されています。

DMMFXのスマホアプリ(iphone/Android)のリアルなレビュー!

プレミアチャートのスペック

プレミアチャートはチャート機能に特化したPC用のチャートツールです。
「DMMFX PLUS」や「DMMFX/CFD ADVANCE」「DMMFXCFDBASIC」から起動させる事が出来ます。
全部で29種類のテクニカル指標が準備されています。

トレンド系指標は移動平均線、エンベロープ、HLバンド、一目均衡表、線形回帰分析、スパンモデル、パラボリック、フィボナッチピボット、ボリンジャーバンド、回帰トレンド、可順移動平均線、指数平滑移動平均線、ピボット、スーパーボリンジャー、GMMAの全15種類です。

オシレーター系指標は、モメンタム、ストキャスティックス、Aroon-Indicator、RSI、CCI、Aroon-Oscillator、移動平均乖離率、ウイリアムズ%R、ROC、MACD、DMI、ATR、RCI、RVIの全14種類です。

また、経済指標発表時の値動きがチェック出来るなどかなり優れた取引ツールです。

1つのチャートに、日経平均など他のチャートを重ねあわせる事が出来る比較チャートも値動きの相関性を見る事に使えて便利です。
同様に4画面や6画面でもチャートは表示出来るので、この見方でも、各チャートの相関性を調べる事が出来ますよ。

DMMFXのまとめと感想

DMM FX

DMMFXはスプレッドが狭く、チャート等取引ツールが非常に使いやすいFX業者です。
後発参入ながら、わずか数年でFX業者の中でトップクラスになったのは、この圧倒的低コスト+トレーダーが求める取引ツールを完備した所が大きいと思います。
また、DMMというイメージも最近ではCMも流している英会話(おぎやはぎ)、3Dプリンタ(北野武)、そして、FX(ローラ)等によって印象も大分変わってきました。

DMMFXを運営しているDMM.com証券は、資本金98億円、資本準備金73億9千万円、自己資本規制比率335.7%(2017年6月末)と財務内容も非常に充実している会社です。
もちろん、トレーダー達の資金は完全信託保全(SMBC信託銀行、日証金信託銀行)されているのでその点でも安心してお金を預けられますよ。

DMMFXはおすすめ出来るFX業者です!
今なら当サイト限定のタイアップもしておりますので、是非この機会に口座開設をしてみてください。
※下記公式サイトにて更に詳しい情報があります