1月の為替相場傾向~ジャニュアリーエフェクト(1月効果)とは~

1月の為替相場についてですが、相場の格言でジャニュアリーエフェクト=1月効果というものがあります。
アノマリーの1つですが、これはどんな意味かと言うと、「その年の相場の方向性が1月の相場の方向性と一致する事が多い」というものです。
為替相場、日経平均株価等多くの相場で言われています。

ただし、あくまで相場の”格言”であって、実際にそこまで強力なデータがあるかと言われるとそうではないんですけどね。
ということで実際に2000年から2014年までのデータを調べてみました。

1月 年間 一致
2000年 ドル高 ドル高
2001年 ドル高 ドル高
2002年 ドル高 ドル安 ×
2003年 ドル高 ドル安 ×
2004年 ドル安 ドル安
2005年 ドル高 ドル高
2006年 ドル安 ドル高 ×
2007年 ドル高 ドル安 ×
2008年 ドル安 ドル安
2009年 ドル安 ドル高 ×
2010年 ドル安 ドル安
2011年 ドル高 ドル安 ×
2012年 ドル安 ドル高 ×
2013年 ドル高 ドル高
2014年 ドル安 ドル高 ×

結果は1月の相場と年間の相場が一致したのが7回、ハズレたのが8回です。
FXトレーダーにとっては当たり前のことですが、上がるか下がるかの2分の1を考えたらそのままの数字なので、ジャニュアリーエフェクト=1月効果はあまり信じなくて良いって事になります。

もう少し細かく見ても、1月がドル高でスタートした時は全8回あり、一致したのが、4回です。
反対にドル安でスタートした時は全7回あり、一致したのが3回です。
ドル高スタート、ドル安スタートも特に気にすることはないって事ですね。

1月の月足は1週目の週足と同じになる!?

これは1月効果とは関係はありませんが、相場の傾向として出ているので注目したい所です!

1月1週目 1月月足 一致
2005年 ドル高 ドル高
2006年 ドル安 ドル安
2007年 ドル安 ドル高 ×
2008年 ドル安 ドル安
2009年 ドル高 ドル安 ×
2010年 ドル安 ドル安
2011年 ドル高 ドル高
2012年 ドル高 ドル安 ×
2013年 ドル高 ドル高
2014年 ドル安 ドル安

過去10年で1月の月足が1週目の週足と一致したのが7回です。
7割の確率であればこのデータを信じてみるのもありかと思います。
1週目の結果みて、スイングトレードで1末決済が良いかもしれません。

管理人的には1月暴落の印象が強い・・

1月効果については、株式市場の場合は1月は相場が上がりやすいって話もあります。
でも管理人的には、どうしても1月はライブドアショックで暴落したイメージなんですけどね~・・・(汗)

という訳で、1月の相場で1年の方向性が決まる訳ではないです。
そして、相場は常に動いているし、逃げないので、しっかりと戦略を立ててFXをやりましょう。

新年で、今年はFXやるぞ~っと言っていきなり大金を突っ込むことは避けた方が良いですよ。
最初は10万円程度入れて1万通貨でポジションを取るのが良いと思います。
レバレッジも上げ過ぎないようにしてくださいね。

FXが初めてならおすすめはGMOクリック証券

そして、2,3ヶ月やっていれば、上げ相場も下げ相場も経験出来るので、経験値が貯まってきたら徐々に資金を追加していくと良いです。
では2015年投資で稼げるように頑張りましょう!!

2月の相場傾向はこちら
FX初心者の為の基礎知識のコーナーはこちら