為替相場が動くというのは良いこと

為替相場が急落しました!急騰しました!

というニュースが流れると

やっぱり為替って危険だな、
FXって危険だなって思う人が増えると思いますが、

FXで稼ぎたい人達にとっては相場が動いてくれるのって
とてもありがたいんです。

そして!

これからFXをはじめようというようなFX初心者の方にとっても、
例えば急落すれば、それまでより安いレートで(円高で)
購入が出来る訳です。

スワップポイントでの運用を目指す方は嬉しいですよね。

逆に急騰したとしたら今度はショート=売りから入るチャンスが生まれる訳です。
もちろん、急騰が一段落するまではロングをどんどん入れて、相場に順張りでOKです。

このように相場が急騰、急落する、どちらでもFXってチャンスがあるんです。

よく円安でも円高でも稼げるのがFXなんて表現がされますね。
それと同じ意味になります。

2012年の安倍政権の誕生からドル円のレートが70円台から一気に100円台まで
上がりましたが、その前には、

また、ドル円が円高になった・・・

なんて新聞のトップに出ていました。

大体新聞のトップに出るような時って相場の底だったりするので、
チャンスと思って良いと思いますよ。

ネットの方がニュースは速いですが、
リアルタイム性があったりするので、
参入するのが早すぎてロスカット・・・・なんてケースもあります。

新聞のトップに出るような場合ですからね。

経済欄には毎日為替のニュースは出ていますから(笑)

新聞のトップの見出しに出るくらいに騒ぎはじめたら、
短期的な底だったり、
逆に急騰していれば短期的な天井だったりしますよ。

テクニカル分析はもちろん必要ですが、
こういった昔から伝わるような相場の経験則も知っておくと
自分にとって心強い見方になってくれるはずですよ!!

【おすすめ記事】
ストップロスの売りが控えているとは?