レバレッジはFXの魅力だが、ちゃんと管理出来ないと危険です

レバレッジという言葉はFXと切っても切れない関係です。

レバレッジ=テコの原理

ですね。

FXと外貨預金の違いでもあります。

そして、このレバレッジがないとFXの魅力はガクンとなくなってしまいます。
(それでも手数料の安さで外貨預金などの投資商品より良いです)

FXのレバレッジは最大25倍と法律で決められています。

25倍!!????
危険なのでは!??

と反射的に思われた方もいるかもしれませんが、
順番に説明していきますね。

例えばですが、手元に4万円あり、
レバレッジを25倍にして、取引をするとします。
すると、1万ドル購入することが出来ます。

1万ドル=100万円相当

購入できてしまうんです!

外貨預金との違いがはっきり現れましたが、
100万円分のドルを購入するのに、100万円ないとダメなのが外貨預金で、
100万円分のドルを購入するのに、4万円あればOKなのがFXです。

そして、この違いは「レバレッジ=てこの原理」があるかどうかなのです。

レバレッジ25倍は、4万円と100万円の差になりますね。

レバレッジ25倍って危険じゃないの!?適正水準は?

1ドル100円といった為替レートは1日の間に動いても1円程度の日が多いです。

100万円分購入して、1円動いたら、1万円の差益(差損)です。

想像していたよりずっとリスクは低いと少し安心しませんか??

もちろんリーマンショックなどの数年に1度大きな変動があり、1日で3円、4円動く日ももちろんありますが、そういうリスクに関しては、損切りを徹底しておけば大丈夫です。

反対に損切りが出来ない人は、レバレッジを高く設定するのは避けた方が良いと思います。
3~5倍程度に抑えておいた方が良いでしょう。

タイトルにもある通り、
レバレッジを25倍など効かせて取引する場合には、
損切りなどのリスク管理は必ずしましょう。

また、レバレッジは「最大」25倍なので、
最初はみなさん5倍くらいで始めると良いと思いますよ。

例:手元資金4万円×レバレッジ5倍=20万円分のドル

取引単位については、
100万円分=1万通貨
10万円分=1000通貨
なので、今回は2000通貨の取引という事になります。

そして、1ドル100円から1ドル101円になった場合、
2000円の差益(差損)が出ます。

先ほどは1万通貨持っていたので、1万円で、
今回は2000通貨持っていたので、2000円ですね。

手元資金は同じ4万円です。

違いはレバレッジが25倍だったのか、5倍だったのかという事になります!

最後の方はちょっと早足でしたが、ついてこれましたか??

ブックマークにでも入れておいて、時間のあるときに復習してみてください!

もちろん、今日でFXとはなんぞや!?というのをマスターしてやる!
って方はもっと色々なページを見て、FX口座の開設もしてしまいましょう。
スマホでもPCでもインターネットにつながっていれば5分~10分程度で開設可能です。

FX業者比較はこちら