ドル円が急ピッチに上げて109円台まで。どこまで円安は進むか。

こんにちは。
ドル円の円安トレンドが止まる気配がありませんね。

前回更新してすぐにもう109円台ですか。
中盤までいったあとは、今108円台後半まで落ちていますが、
僕の101円台ロングはどこまで利益が伸びるのか、
なんだか変に冷静でいます。

105円くらいの時の方がドキドキ、ワクワク感は高かったかな~と。
ある程度利益が乗ってくると感覚が麻痺する部分もあるのでしょう。

果たしてこの円安はいつまで続くのか?

今回の円安の要因はアメリカのダウが好調なことや、アベノミクスの緩和政策が効いていると思いますが、消費税増税も絡んでいますよね、おそらく。

となると、過去に2回消費税増税相場がありますが、
1度目は1989年のはじめて消費税が課された時、
続いて1997年の5%への増税です。

この時はいづれも円安に傾いており、
期間をどこに区切るかにもよりますが、
それぞれ20円~30円超円安になっています。

そして、今回も円安ですね。
ということは値幅は30円程度が目安になるのかな?
と一応のイメージをしています。

80円前後から30円といったら110円。

もしかしたら本日の109円台中盤が天井の可能性もなくはないかと思ってます。
ですので、ここで下がるようであれば、101円台のドル円ロングは利益確定しようかなと。

110円を突破して上がるにしても利確場所を探す感じになると思います。

という訳で円安が強くて相場がよく動いていたのでブログを更新してみました。

【気になったらチェックしてみてください】
DMMFXのスマホアプリについての感想
SBIFXトレードのスマホアプリについての感想