インヴァスト証券【トライオートFX】の評判・口コミ

トライオートはインヴァスト証券の独自システムです。
元々インヴァスト証券はシストレ24という自動売買で有名なFX業者でした。

ただ、完全な自動売買では物足りない部分もあり、相場の予想はあなた自身=人間がやり、取引は自動売買で行うというトライオートが完成しました。

分かってはいるものの、ついつい感情的なトレードになりがちな部分は機械に任せて自動売買=売買ルール通りに取引しようという考えです。
裁量取引とシストレの中間なんて言い方をしている方もいますね。

トライオートは数クリックだけで簡単に発注出来る自動売買ツール

トライオート

取引の順序としては、まずは「上昇トレンド」か「下降トレンド」のどちらかを決定します。
その後、エントリータイプを決めます。
ここで選択するAP(オートパイロット)注文によって、指値・逆指値の幅や相場の動きに対応するフォロー注文、カウンター注文が設定されます。
コツコツとレンジ内の動きを取りに行くのか、トレンドに乗る前提で取引するのかといった感じです。

そして、注文を入れれば、あとは自動で売買をしてくれますよ。
また、複数のAP注文を入れる事で、ポートフォリオ的な投資も実現出来ます。

トライオートのシステムは裁量取引も可能

トライオートは基本的に自動売買を行う前提です。
ただし、裁量取引もスムーズに出来ます。
スキャルピングをやりたい時などは重宝しますね。
2015年の4月にスプレッドが縮小したのも良い傾向にありますよ。

注文方法もひと通り揃っており、成行、指値、逆指値、IFDONE、IFDOCO、一括決済機能があります。
また、両建ても可能です。

注意点としては、自動売買の場合は最低取引単位が1000通貨となりますが、裁量取引の場合には1万通貨単位となっています。

セーフティ設定も上手に使おう

トライオートは一度設定すれば自動売買になるので、1週間に何度かチェックをすればOKです。
常にチェックしていなくて本当に大丈夫なの?という方は、セーフティ設定をすることをおすすめします。
セーフティ設定とは、設定したAP注文の「最大損失額」「最大連敗数」などを予め決めておくことが出来る機能です。
その数値まで到達した場合には自動売買がストップする仕組みです。
予想を反対方向に行った場合の事を考えると、このセーフティ設定はしておいた方が安心ですね。

トライオートのスプレッドは自動売買業者の中では優秀

トライオート

自動売買というと、スプレッドがとても広いイメージがありますが、トライオートのスプレッドは断然狭いです。
以前までは他社同様の水準でしたが、ここ数年で段階的に業界最安値クラスに改善してきました。

主要通貨で見ると、下記のような形です。

米ドル円=0.3銭(原則固定)
ユーロ円=0.5銭(原則固定)
ポンド円=1.0銭(原則固定)
豪ドル円=0.6銭(原則固定)
ユーロドル=0.3pp(原則固定)
※2016年10月1日時点

実際のスプレッドの広がりなどをチェックした結果、やはり経済指標時と早朝(6時台)は上記基準スプレッドより広がります。
ただ、これは同業他社でもあることなので、この時間帯は逆指値の注文位置などを再確認すると良いでしょう。

上記原則スプレッドでの提示率開示情報を見ると、97%~98%台なので、僕の実感と近いかなと思います。
※狭くて提示率の高いDMMFXだと毎月のように98%~99%台と1ランク上な印象あります

自動売買と裁量取引での手数料の違い

自動売買(オートパイロット注文)と裁量取引(マニュアル注文)で取引手数料に違いがあります。
スプレッドはどちらも同じです。
オートパイロット注文にはマークアップ手数料が加算されます。
このマークアップ手数料は取引数量によって違いがあり、例で言うと、1万通貨未満は4pips、10万通貨未満は1pips、50万通貨未満は0.5pipsとなっています。
手数料を考えると自動売買は1000通貨から取引は出来るものの、出来る限り1万通貨で取引した方が良いです。

インヴァスト証券の評判について

良い口コミ

・トライオートを利用し始めた事で、感情を排除したトレードが初めて出来るようになった
・取引画面には2日程度ですぐ慣れて、今では一番取引しやすいFX業者になった
・公式サイトにあるトライオートの使い方の紹介が充実していて分かりやすい
・トライオートが始まって、ずっと使っていなかったインヴァスト証券を使うようになった
・スプレッドを狭くしてくれたり企業としての姿勢に好感が持てる
・売買方針の選択など取引画面が直感的で分かりやすいと思う
・スプレッド・約定力ともに許容範囲

悪い口コミ

・1000通貨だとマークアップ手数料が痛いので渋々1万通貨で取引しています
・経済指標時はスプレッドが結構広がる
・チャートが使いづらい
・仕掛けランキングに載っているものは比較的資金が必要になるものが多い

インヴァスト証券のトライオート、まとめ

トライオート

インヴァスト証券ではトライオートを作成するにあたり、FXで負けている人の特徴を洗い出したそうです。
そこで、「損切りが上手く出来ない」「利食いが上手く出来ない」「感情的なトレードをしてしまう」といった人たちがどうすれば勝てるか?を考えて作られました。
人間がやった方が良い所、機械がやった方が良い所の良いとこ取りが出来ている取引ツールです。

もし今現在、裁量取引で勝てていない方はトライオートを一度お試ししてみてはいかがでしょうか??
最新の情報・口座開設は下記公式サイトをご覧下さい。